一流ホテルの二流サービス

皆さん、また新しい一週間が始まりました。月曜日の担当の坂本です。

最近は、土曜日も大学院での講義や院生や修了生等との自主研究会がある

ので、過ぎ去った一週間の反省と、新しい一週間の「戦い」の準備は、ほ

とんど日曜日になります。

それゆえ、私にとって新しい一週間の「戦い」の成否は、日曜日にかかっ

ているといっても過言ではありません。

 ともあれ、今日は、先日、一流といわれている、あるホテルで受けた

「サービス」を紹介します。

たった1日の宿泊でしたが、3つ程「間違ったサービス」ありました。

ここでは我慢して、1つだけにしておきます。

 早朝、ホテルを出発しなければならないため、朝早く指定されたレスト

ランに行きました。

その日の朝食は「バイキング」で、レストランは早朝ということもあり、

お客様は未だ一人もいませんでした。

入り口に案内役の女性スタッフが立っており、わたしに「ご案内します」

と、中央の2人がけの席に案内してくれました。

私は、書類を見たかったし、窓側の席に座りたかったので、その席を

指差し「あそこの席は指定席ですか?・・・」と質問しました。

すると、彼女は平然と「どうぞ・・」と言ったのです。
 
彼女に罪があるとは思えません。罪があるとすれば上司と組織のルールです・・・。

 では、今週も「本日開店の心」で頑張りましょう。  

坂本光司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「一流ホテルの二流サービス」への2件のフィードバック

  1. 坂本先生 
    研究室の皆様
    こんにちは。IM4期生の井元(いのもと)です。
    先日は急な参加にも関わらずありがとうございました。
    土曜日は残念ながら最後まで参加することができませんでしたが、
    坂本先生や皆様と一緒に勉強できるのを楽しみにしております。
    今後ともよろしくお願いいたします。
                                      井元

  2. >井元さん
    東和銀座商店街を一緒に、視察しに行き
    中華街で飲んだじゃないですか!!
    今後も、よろしくお願いしたします。