巣鴨のおもてなしのすごさ

こんにちは、ミツハシです
皆さんには幼少時代、親戚の家へ行ったとき
のことでなにか思い出がありますか

僕にはあるエピソードがあります
タンスの中の折り紙です

その親戚に会いに行くと、毎回タンスの中から
折り紙を出して、僕と兄弟に与えてくれました

その思い出が強く、毎回行くとそのタンスから
出てくる折り紙を楽しみにしたものです

その記憶を思い出すことが巣鴨でありました
理事長のお店まで行き原稿を受け取りました
その後夫人にお会いしたので挨拶をしました

すると、引き出しからお菓子を取り出し
「ご苦労様、これおいしいから食べてね」
とクッキーを渡してくれました

巣鴨ではこのような光景がよくあります
「自分の息子と同じだから、息子のお友達に話し
かけるように接する」

と取材で分かったことがあります

ソフトがこれほど素晴らしい商店が集まる巣鴨の
すごさを身を持って実感した一日でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です