田中実さん

野口具秋です。

私にとって巣鴨駅周辺の街風景は馴染みの街である。私が歳を重ね巣鴨地蔵通りデビューの適齢期になったからではありません。定年までこの地に通勤していたからである。おばぁーちゃんの原宿玄関口は右と左で大きく変わる。左に行くと大和郷と呼ばれ田園調布と並び称される高級住宅街が広がり、柳沢吉保、江戸時代前期、幕府の側用人の別宅、六議園が在りサクラの季節は特に有名、サイクロトロンで名をはせた理化学研究所跡地は再開発で大きなビルに変貌してしまったが、秋には樹齢数百年の見事なイチョウの樹には銀杏の雨を降らせてくれる。

毎月4の付く日は朝早くから巣鴨駅の右出口に沢山の、かつての熟女、前期・後期高齢者がとげ抜き地蔵・巣鴨地蔵通り商店街を目指す。霊験あらたかなとげ抜き地蔵尊にお参りに行く。だが、それだけではないようだ。巣鴨信用金庫のお茶のサービスを受けに行こうとしているかも知れない。三千人も来るのだから。

私は巣鴨に本店を持つ巣鴨信用金庫の常務理事・田中実さんの課題講義を聞き、大きな感動に包まれている。細身で背の高い田中さんのあくまでも穏やかでゆったりとした話ぶりは思わず自分の心を引き付けてやまない慈愛に満ちている。高岩寺・とげ抜き地蔵尊のご慈悲を貰っているのだろうか。

沢山の感度の仕組みを身近に触れ、講義参加40人のみんなとともにこの巣鴨信金を研究してきたことが大きな喜びに代わるのだ。自行員の立場を尊重した丁寧な言葉から行員を大切にする思いが溢れ出てくる。千数百人の従業員全員でお客様の感動を共有していることがこの言葉遣いからら推測できる。

私の隣に何時も席を並べる女性大学院生Hさんは感動の連鎖のせいか涙が止まらないのだろう、しきりにハンカチを使い続けるのであった。(平21.1.22記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「田中実さん」への1件のフィードバック

  1. こだわり社長こと、
    株式会社レバレッジ
    代表取締役 只石 昌幸と申します。
    初めまして!
    坂本光司先生の『日本でいちばん大切にしたい会社』を
    拝読させていただきまして、涙が止まりませんでした。
    次の日には、日本理化学工業の工場見学を申し込みました。
    2月13日に、周りの20代経営者さんたちと
    見学に行ってきます!!
    実は、僕も法政大学の卒業生です。
    一切、勉強してなかったですが・・・
    僕たちも小さいながら、西麻布の地でがんばってます。
    本当に、経営の良いヒントをいただけたと感謝しております。
    これからも、
    ぜひ、よろしくお願いします!!
    株式会社レバレッジ
    http://www.lev.co.jp/
    こだわり社長Blog:
    http://ameblo.jp/lev/