日本でいちばん元気なガソリンスタンド

坂本ゼミでぜひ訪ねてみたくなる会社に出会いました。
滋賀県豊郷町でガソリンスタンドを経営している油藤商事株会社という会社です。
杉山フルーツさんと同様に家族経営の会社ですが、アルミ缶の回収から始まって、家庭で出る天ぷら油の回収にいたり、それをバイオディーゼル燃料としてリサイクル事業として成功しているのです。
今にも潰れそうな場末のガソリンスタンドを見事に活性化させています。

すごいですね。なんともロマンがあります。
応援したくなります。素晴らしい。
人間には無限の可能性があるんだということを改めて教えられます。
滋賀に行くときはぜひ行ってみましょう!

この会社が5/8の日経ビジネスオンラインで取り上げられています。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20090508/194124/?P=1

※参考 油藤商事株式会社のサイトから
http://www.aburatou.co.jp/business/p3.php
『このように誰も困らない活動こそ、持続可能な社会を形成できる重要なコンセプトであると感じます。
このコンセプトは、近江商人に古くから伝わる「三方よし=売り手よし・買い手よし・世間よし」の考え方に基づきます。この三方よしは、個人では「己よし、相手よし、世間よし」とも言うそうです。いずれにしろ、はるか昔の商売の理念が、スロービジネスを語る上で、大きなキーワードになってくることに、時代の大きなサイクルを感じずにはおれません。』

(月曜担当:小林秀司)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です