獅子の会

野口具秋です。
台風接近で暴風雨が激しくなると予報されていた集合場所に4人来た。
飲み会の名を「獅子の会」と言う。会社の同僚で定期的に集う。
今日は待ちきれない有志の臨時の飲み会なのです。
獅子の会の由来は昭和44年入社から来ています。
口の悪い連中は「爺じいの会」と陰口を叩きます。
今はその通りになってしまいましたが…。

行きつけの気のきいた小料理屋でという粋な飲み方はしません。
行き当たりばったりの安い飲み屋が習慣です。
雨風の中、近くのチェーン店の4階に案内されました。
「火事になったら全員焼死だ」などと口は軽い。マグロの刺身と
酒飲み放題の口上に釣られて注文する。刺身盛り合せは2皿で
ギブアップ。「最近、尿酸値が高くて、ビールは飲めない」。
「勝手に焼酎でも飲んでいろ!」と40年の付き合いは遠慮がない。

各自手元にビールを置き手酌で始める。
「石川遼くんの18番のセカンドショットはすげー!」、
「イチローのあのナルシストぶるのが気持ち悪い」、
「亀田大毅の敗因はタイソンの様な野生味がなくなったから」と、
たわいのない話ばかりに終始する。
飲み放題でもたいしてビンの本数は増えない。
「時間です」と催促され、慌てて残りのビールを一斉に流し込む。

日本野鳥の会にいる友は、今年の探鳥会に70回参加した。
週に2回のお出かけになる。
50ラウンドが目標だとゴルフ好きの彼は語る。週1回では
間に合わない。今でも遼君のシーンが目に浮かぶのだろう。
「今年は株で○○万円儲けた」と朝早くから株式市場に目が離せない
友は血糖値とメタボ、そして尿酸値が気になる。
やり残した趣味をひたすら追いかける中年こだわり世代。
みんな満足気な顔がきらきら光る。
「読んでやるから」と、見せるだけの積りで持参した新刊本を
持っていった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です