給湯器

野口具秋です。

だまし、だまし使っていた給湯器がご臨終となった。
突然やってきた終わり、洗顔中にお湯が出なくなってしまったのです。
音もなく壊れた。数年前に故障したおり、
とっくに部品の保存期間の終了を宣告された。
たった8年間しか保存義務がないのだ。
設置後18年も機能しているのが不思議という発想のようです。
 
マンションは管理で買えという言葉があるようです。
経年変化とともに高価な物件も手入れ次第で価値も大きく変わる。
このマンションも数年前に全面リフォームを完了。
かなり年月が経ったが、外面はまだみすぼらしくない。
時代の流れの中で古臭さを感じるが、
これ以上の手段を持たないので諦めることにしている。

困った。給湯器は安くないのである。
ワイフはパソコンを覗いている。得意のネットショッピングである。
次から次へと確実にヒットさせている。
見積りはまずインターネットからなのですね。
居ながらにして瞬時に比較情報が入手できる。
改めて商売の厳しさを知る。

やって来た担当者は40%引きで、7年間の保証期間付きの価格を提示した。
同メーカーの製品がかくも価格が異なるのだろう。
価格は安く、部品の交換を迫ったり、保証期間の掛金で調整するのも多い。
ネットは「書き込み」が重要なポイントとなるようです。
極めて評価が高く悪口が1件もないのです。 

2~3日後に取り付け工事は始まった。
辛い日々を送った。
運動代わりの入浴はアンチエイジングの重要な場所なのである。
バストアップ体操、腰痛防止の温浴、顎すっきりエクササイズなど、
みっちり長湯を楽しむ。ベランダにサウナが欲しくなるほどである。

1個の部品も追加することなく、2人の取り付け員は、お茶の誘いを
断って帰っていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です