下田紀行

 月曜担当の鈴木良夫です。

 先日は、下田視察に参加させていただきありがとうございました。

 午前中の、石井市長との懇談会は出された意見もさることながら、坂本ゼミの存在感の大きさを改めて
認識しました。政策創造をまさに地でいくとはこのことかと身の引き締まる思いがいたしました。

 下田をはじめ伊豆半島の地盤沈下を象徴することとして、私の関連でいえば、下田、伊東に本店があった二つの
信用金庫が消滅したことです。信金は地域経済と運命共同体の宿命を負っていますので、観光低迷が不良債権
の増加につながり存続困難になったわけです。幸い、東部の有力信金が2信金の地盤を引き継いでおり、石井市長からも
きめ細かく地元企業を支えていただいているとのお言葉をいただき安心しました。

 「すぎのこ」の焼き物を購入してきました。焼き魚や刺身にぴったりのお皿2枚がなんと1600円、本当に安くまた、デザインも良いので家内も喜んでくれました。作業をされていた方たちの底知れぬ実力を垣間見た気がいたします。

 連休も半分が過ぎてしまいました。沢山の宿題はまだ手つかずの状態ですが、明日は、久しぶりにゴルフに出かけて
きます。休み明けの再会を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です