仕事をしていて思うこと

月曜担当小松です。

静岡空港から日本航空が撤退してはや1ヶ月。
会社再建中のJALさんは、静岡事務所も閉鎖。

某大手旅行社の東京から静岡へ移籍したとき、本当にJALさんにお世話になった。
いろいろな事を教えて頂き、いっしょに企画もした。旅行社と航空会社がまさに両輪で業界をもりあげていく良い時代だった。

これまで航空会社がまかないきれなかった地方などを航空代理店として補っていた旅行社は、IT革命による航空会社の直販体制強化によりその業を奪われた。

生き残るための直販効率化だったはず・・・なぜに航空会社が消えていくのか?
さまざまな社会的・政治的な理由もあろうが、人を大事にする姿勢がかけているという思いは甘いだろうか?

効率化をはかるために空港には無人の自動チェックイン機が並ぶ、しかしながら混雑し行列ができているのは、有人の窓口だ。機械になれていないから・・そうとばかりは言えない。

静岡JALさんにいらしたベテランの職員は、一旦転籍となり、ほとんどの方が退職されると聞いた。乳飲み子を抱えながら新幹線で通勤し、その子も今年は大学生。まだ女性が企業内でがんばるのは難しい時代にがんばってきた彼女も退職されるとか。
ツーカーで仕事が通じる仲間がまた一人いなくなる。

機械のように、やれません。できません。を相手にはサービス業はなりたたない。
GWに仕事をしている者の愚痴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です