ゴールデンウィーク後

今年のゴールデンウイークは、1日を職員研修の仕事に充て、遠出はせず、自宅周辺の公園に出かけたりして、都内にて静かな日々を過ごしていました。
 
 昨年度との違いは、大学院生として、宿題のレポート作成で、3冊の専門書の読破に取り組んだことです。『創造の方法学』(高根正昭著)では「変数」「従属変数」「独立変数」の組み合わせによる解析分析は興味深く、再度読みこなし縦横無尽に仕事でも活用できるようになりたいと思いました。また『雇用と失業の経済学』(樋口美雄著)、『雇用の未来』(ピーター・キャベリ著)は、友人の子どもたちの就活の大変さに思いを馳せながら、雇用問題・失業問題の実態とその本質の理解に努めました。
 
 また、5月中に3科目(商店街活性化論、行政学、企業経営戦略の実践的研究)にて、自分の担当分の発表があり、これを週1本ペースでまとめていく予定で、週5日の夜間授業への受講(18:30~21:40)と仕事の両立を楽しく進めていきたいと思っております。

 私の仕事の繁忙期も収まり、今月はプライベートの充実を図るため、友人たちとの会食をスケジュールに頻回に入れています。もちろん、仕事中心の私を温かく支えてくれている大切な家族へのサービスにも努める予定で、本日は2人の母(主人の母91歳と実母73歳)へのプレゼントの購入に地元商店街の馴染みの洋品店に行く予定です。わが息子は、日本橋まで私の大好きなケーキを買いに行き、只今、戻ったところです。

 それでは、皆さま、本日は母に感謝を捧げ、素敵な日曜日をお過ごしください。
                                                                 Yumi..O

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です