統計資料

長池です。

現在、坂本教授の「地域経済学」を学ばせて頂いています。

教授の書き込みにありますが、「47都道府県の働きやすさランキング」を
作成する為に統計資料が次から次へと

市町村別将来推計人口の下田市をみると 2035年16,500人と悲しくなる数字

このような資料は見ているだけで、勉強になり、おもしろいのですが
あまりの多さに何が何処にあるのか・・・
どの資料を読めば良いのか・・・

既に配布された資料以外にも、もっともっと沢山の資料があるのは
わかっていますが現状でもかなりいっぱいいっぱいです。

自分が担当する今週の課題は終了しましたが、この結果をまとめて
「47都道府県の働きやすさランキング」を算出するのはかなり大変な予感。

エクセル担当の私は今からどのようにまとめていくか思案中です。

今日のブログはこの程度で許して頂いて、エクセルの関数勉強してきます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です