軽井沢

野口具秋です。

朝6時に待ち合わせの駅前にいました。
仲間は千葉を何時に出発したのでしょう。
ほどなくピックアップの確認があり、渋滞の本番は関越道に入ってからと
テレビで40キロの渋滞予報を報道している。覚悟しています。
早く北軽井沢のイベント会場に急がなければ。

拍子抜けするほどすいすいと軽井沢に着いてしまいました。
高速道路の千円料金でバブル時代を彷彿させる渋滞が発生し、
車の運転が大好きなワイフも遂に新幹線を選ぶようになりました。
ならば「浅野屋」のキッシュ・紅茶パンを食べようと提案。
旧軽井沢銀座の有名ベーカリーです。
もちろんワイフの受け売りです。ジャムの「沢屋」も「みかど」もあります。
 
9時前というのに、商店街はたくさんの賑わいで、
2人乗り自転車とペット連れ、家族連れでいっぱいでした。
2度目です。雑踏のような店内で右往左往していると
丁寧な店員はゆっくりどうぞと優しいのです。
ゆったりとしながら、てきぱきとした接客態度はセレブの街と感心してしまう。
おしゃれな街並みに満足して、ずしりと重い大きな袋を手にしました。

卒業生のNさんが北軽井沢の街おこしに参加して、
沖縄・宮古島の物産の展示販売を手伝いにきたのです。
特産のモズク(完売)、塩、ゴーヤ・マンゴー・ドラゴンフルーツのジャム、
島バナナ(1本も売れず)本年度産の砂糖きび菓子など懸命に売り込む。
道行く人はなく、車のほうが多い道路。
音楽祭の会場は30人もいない有り様。
完売予定の売り上げは予想外の54,000円でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です