今どき元気な中小企業

★社員理念のある会社 エスエムジー (神奈川県横浜市 システム開発)

人はよく、それは理想論と片付けてしまうことが往々にしてあります。
しかし、「理想」という言葉は、あきらめるために存在するのではなく、いつか実現させるために存在する言葉です。

「創業以来、私がずっとイメージしてきた理想の姿が今、ここにある。」

こう言い切る経営者がいます。
新横浜にあるIT企業エスエムジー株式会社の新免流社長がその人です。

研究室では先月2度ほどこの会社に視察に行きました。
レポートしてみました。

http://svcnews.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/34021-528a.html

★低賃金を追うことをやめた会社 ウエノ (山形県鶴岡市 電子ノイズ防止用コイルの製造)

坂本先生の語録のひとつに有名な5つの言い訳論があります。曰く「経営問題の大半は、外ではなく内にある。ゆえに景気連動型企業・構造的不況型企業の5つの言い訳は、全くの誤解・錯覚・甘えである。」というものです。

5つの言い訳とは、(1)景気や政策が悪い(2)業種・業態が悪い(3)規模が小さい(4)立地が悪い(5)大企業、大型店が悪い、です。

そんな言い訳をして事業を断念した中小企業は数多あるでしょう。しかし、ものともせず、元気であり続けている中小企業もまたしっかりと存在していることも事実なのです。

日経ビジネスで紹介されていた上記のウエノもその一つでしょう。
このウエノでも、いくらでも言い訳したくなるところでしょうが、踏ん張っています。低賃金を追い続けることに決別する決意をして、海外勢にない特徴をつくるために松下の技術者を受け入れ、生産性を高めるための開発投資を行ない、見事に海外勢と伍していける体制を作り上げました。

まさに有効供給を実現した好例といえるでしょう。
応援したくなるとともに参考になることが多々あるものと存じます。
やり方は活路は必ずあるのです。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100607/214827/?P=1

(月曜担当:小林秀司)

追記 

6.24シンポジウム「人を幸せにする新しい経営指標とは何か」定員となりました。
早々に沢山のお申込みをいただきましてありがとうございました。
当日、会場でお目にかかれることをとても楽しみにしております。
今回はDMを使用していません。ゼミ生人脈、そしてツイッター効果が相当に効いているものと考えられます。
ツイッターは販促のあり方を根底から変える圧倒的なパワーを秘めていると実感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です