梅雨のころ

野口具秋です。

ワールドカップ南アフリカ大会の熱戦が毎夜放送されています。
日本がカメルーンに勝利を収め、今までのバッシングは手の平を返し、
批難はどこへ行ってしまったのでしょう。
夜遅くまで大きめのテレビで観戦します。
年金と失業保険で生活しているが2人の朝は早い。
6時台に朝食が始まります。
池袋方面に出勤するカラスたちといい勝負です。

梅雨空に負けない家庭環境は清潔感が一番です。
居間を飾るものは、母の日に息子から送られてきた胡蝶蘭と
大量に処分しそこなった義烏(イーウー)からの土産の増加の山、
そして幼い琴クンの写真くらいです。
7時半からBS「ゲゲゲの女房」を観終えると、
掃除機がしずしずと運び込まれるのです。

掃除は15分もあれば隅々まで綺麗になります。
こじんまりコンパクトな作りになっています。
掃除機をかけるだけで、部屋の空気の透明感を実感します。
掃除をしてよかったという気がするのです。
アレルギー体質が酷いワイフが手放せない空気清浄器が
より一層爽やかな雰囲気を演出します。

早目の朝食は早目のスイーツタイムにパラレルです。
世間の皆様が慌ただしく出勤のころ、ささやかに用意されます。
さっそくお待ちかね韓国TVドラマが始まります。
52本連続で放映されるのです。その根気に脱帽です。
いる場所がなくなる時間がきたのです。
日経新聞を持参してオフィス(隣の部屋)に出勤となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です