ソウルのホテル

暑さも本格的になって来ました。

先日4日間ほど沖縄に滞在しました。
その後、静岡に戻った時は「涼しい」と第一声をあげました。
それでも静岡の暑さになれると「暑い」と言ってしまうのは
自分の弱さだ  と思っています。

過日リッツカールトンホテルのことを掲載しましたが、
その後、インターコンチネンタルホテルにも泊りましたので
その比較についてお知らせしたいと思います。

ホテルの規模としてはインターコンチネンタルのほうが
フロント・アプローチともに大きく感じました。

部屋の雰囲気はやはりインターコンチネンタルのほうが
広く感じました。

そして肝心なサービス面については、両社ともにあまり差はない
と思います。
ドアマン・フロント・サービスカウンターともに日本のサービスとは
違いがあります。

日本はきめ細やかにお客様の心を読み対応してください
ますが、韓国はその点はあまりないようでした。
たとえば
大きな荷物を持っていてもそばに寄って来てくださることは
一度も見かけませんでした。
年配の方が、よろよろ歩いていても手を差し出すことは
ありませんでした。

添乗員にも聞いてみましたが、サービスについては韓国の
レベルは日本とは違うと話していました。

しかし、ワールドカップでは韓国は日本も応援してくれていました。
親日感情は大変強く感じました。
 
楽しい旅となりました。平松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です