渋谷駅

野口具秋です。

渋谷はよく訪れる街になりました。
数年前にメトロ副都心線が開通して、
伊勢丹のある新宿三丁目や渋谷へのアクセスが良くなりました。
商戦も大きな変化を見せているようです。
1ヶ月程前に、三橋君と講演会でハチ公前で待ち合わせをしたばかりです。
今日もハチ公前に佇み、街往く人並みと昔々の街の面影を探していました。

道玄坂、宮益坂、百軒坂につながる駅前交差点が
坂道の底にあることに気がついた。
ゆっくりと道玄坂を登っていくことにします。
並木の木々は大きく育ち、成熟した町並みを演出しています。
知った店は残っているのだろうか。
「くじら亭」だけが見覚えのある店でした。
移ろいやすい昨今、大昔を探しても不可能なのだと思いました。

ハチ公前は待ち合わせの場所です。
昔と違い、広場が人で溢れるくらいになるため携帯は必要なようです。
気がつかなかったのですが、緑色の電車が一両置いてありました。
ハチ公は緑の木立に囲まれ、駅改札口に顔を向けて座っています。
今でも人気の忠犬は大勢の人に愛されているようです。

駅前広場の一番中央に愛くるしい姿を見せていた記憶があります。
そういえば交番が駅舎の中にあります。
どこに鎮座していたのかと昔を探すことにしました。
あった。そこだけタイルの色が異なります。
目をやると、かつてのハチ公が座っています。
安心して40数年前登りなれた宮益坂を
目的地に歩き出すことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です