福翁自伝

「先ず獣身を成して後人心を養え」
これは、福沢諭吉の言葉。

僕は、初めてこの言葉に触れたとき
背中に電流が走ったような感覚を覚えた。

そして、「独立自尊」
権力や社会風潮に迎合しない態度、と解釈されている。

僕は、獣身は成した。
次は、人心を養う。

独立自尊
異端であることを恐れない。

そういえば、今日まで東京都現代写真美術館で
ベトナム戦争勃発から50年~映画で見る戦争の真実という
コンセプトで『ハーツ・アンド・マインズ』、『ウィンター・ソルジャー』が
上映されていた。

豊かな人生を過ごすには、哲学が必要だ。

高橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です