贈り物

野口具秋です。

広島に住む長男が朝霞を訪れたのは5月でした。
1歳半の音舞ちゃんの小さな写真が送られて以来、
やっと大きな写真が届きました。
4つ切りの写真ともみじ饅頭が入っています。
広島焼きの方が良かったのだが、パクパク食べることにする。
地酒ではなく石見銀山の酒が同封されています。
冷やして飲もうと冷蔵庫に仕舞う。

山形に住み製薬メーカーの営業マンをする息子が母の日の胡蝶蘭に続いて、
父の日に合わせ、かの佐藤錦、果物の宝石・さくらんぼを送ってきた。
素晴らしい。生まれて初めてこんなにたくさんの国産さくらんぼを食べた。
初めての経験です。2人だけの生活なので1週間も楽しみました。

我が家はワイフが甘いものと果物が好きなために、
ふんだんに食卓を飾ります。
過食はともかく適度な果物は必要です。
よく出るのが4~5本100円のバナナと
軽やかに手の平に乗る大きくないスイカやら、
マスクメロンのつもりで食べ始めると単なるメロンだと聞かされ
急に食欲が落ちます。

八潮にいる孫の写真を行くたび4つ切りで持たせてくれます。
せっせとフレームに入れ、さして広くもない家中を飾って、
成長と次回会うのを楽しみに悦に入っています。
訪ねた実家が琴クンの写真だらけで焦ったのでしょうか。
さっそくフレームに入れて並べて楽しむことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です