関西企業視察

何人かの方々が書いておいでですが、濃厚な関西視察、とても感動、感激の会社ばかりでした。
新江州の会長様は、これまでなんの苦労もなかったと仰有いました。64年間ずっと黒字経営。そうはいっても、人の事、資金繰りのこと、なにかおありではなかったのですか?という問いにも、「私はね、本当に人にめぐまれているんですよ。私はなんにもしていませんが、本当にみなにささえられて、大変だったということは一度もないんです。」と即答おっしゃいました。
障害者雇用に熱心な川合製作所の社長様は、うそもかくしもなく、すべて正直にお話しますと仰有って、つらいお話もしてくださいました。

訪問社すべてを書かせていただくと長くなりますが、滋賀県内の視察のサポートをしてくださったのが、坂本教授と親好の深い、滋賀県中小企業家同友会の事務局様でした。
当初は、車をだして、我々をご案内くださるとの事でしたが、人数も増えたため、こちらでバスを用意し訪問させていただきましたが、各事業所を一緒にお訪ねくださり、ずっとサポートくださいました。
今回の訪問企業様は、「滋賀でいちばん大切にした会社」認定企業だそうです。
日本中の各県から、「○○でいちばん大切にしたい会社」がでてきてくださればすばらしいいなと思います。

また、今回は訪問後に同友会の事務局長さまからメールを頂き、訪問先の企業様から、私たちが訪問させていただいたことで、とても力になった、きていただいてよかったとの電話があったとのお話がございました。企業視察は、相手の企業様の貴重なお時間をいただくわけですから、ある意味ご迷惑にもなりかねません。視察させていただく私たちも、真剣です。視察にきていいただいてよかった・・そういった頂ける視察をこれから続けていきたいですね。

月曜担当 小松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です