ツイッター、半年経過

ツイッターをはじめてから半年あまりが経過。
目的をもってつぶやいていると、思わず素晴らしい人との出会いが実現します。
ガツガツ仕事にしようとせずに、価値観を広げていくことが大切です。

なかにはろくにつぶやきもせず、やたらフォロワーを増やすことに躍起なっている人が少なくありませんが、フォロワーの数は大切ではありません。相手もフォロー数が多くなると、とても自分のタイムラインで補足出来なくなります。
ファンになってもらうのが理想で、リストに保存してもらい定期的にこちらのツイートを見ていただけるような価値あるアカウントになれるかどうかがツイッター活用のポイントです。

価値があるかどうかを判断できるのが、リツイートがどれほどされているかということになります。
いいつぶやきだなと感じた相手が、わざわざまたそのつぶやきをツイートしてくれるのです。
リツイートをされる回数が増えると確実にフォロワーも増えてきます。

そして、その方々はファンになってくれる可能性が高いのです。
ちなみに私のつぶやきのリツイート状況です。(見られないかも・・・)
http://twitter.com/#retweeted_of_mine

最近、もっともリツイートされたつぶやき
「モチベーションを極大化させるのは賃金や労働条件ではなく、リスペクト出来る仲間とそれを育む企業文化」

つぶやいて10日間くらいで、現在57人の方にリツイートしていただいています。
まだ100人以上にリツイートされたことはありませんが、実現できるよう思いをこめて今日もつぶやきます。

(月曜担当:小林秀司)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です