聖地巡礼

高橋です。
普段は木曜日の担当ですが、日曜日に失礼します。

今週は、木曜日に沖縄の久高島に行ってきました。
イザイホーで有名な神の島です。

翌日の金曜日は、沖縄教育出版の朝礼に参加してきました。
第三金曜日は、朝礼を一般に公開しているので、
それに申し込みをしました。

その後、飛行機で、福岡空港に飛び、
飯塚にある九州工業大学のO先生の研究室を訪問。
興和サインでは、リアル空間のみならず、
バーチャル空間でも看板屋をはじめるべく研究を開始開発を開始しました。

そして、昨日は、中野サンプラザにて景観セミナーを開催。
都市環境デザイン会議の代表幹事の中村さんと台湾華僑の簡さんに
お話をいただきました。

「景観は記憶の源。懐かしい未来「」という中村さんの言葉が印象に残りました。

そうそう、お知らせですが、ストリートデザイン研究機構が
内閣府から特定非営利法人として認証されました。

初代理事長は坂本光司教授です。

10月14日に中野サンプラザにて設立記念イベントを開催します。
坂本教授の基調講演にはじまり、
特別講演として、久繁哲之介先生にもご講演をいただきます。
『地域再生の罠~なぜ市民と地方は豊かになれないのか?』が最新のご著書です。

どんな本かと言うと、下記のようなテーマの本です。
『社員を大切にしない会社は歪んでいく。それと同じように、市民を蔑ろする都市は必ず衰退する。どんなに立派な箱物や器を造っても、潤うのは一部の利害関係者だけで、地域に暮す人々は幸福の果実を手にしていない。本書では、こうした「罠」のカラクリを解き明かし、市民が豊かになる地域社会と地方自治のあり方を提示する。』

それから、特定非営利法人ストリートデザイン研究機構の活動目的は、
①地域における人づくり。
②薄暗いところを明るくしよう!まちの活性化・個性創り。
です。

興味のある方は、高橋までご連絡ください。
taka@e-sign.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です