通勤ラッシュが弱者に優しくなるには

この前の休日に地下鉄を利用すると、前方にご年配の方が
いました。

右手で荷物を抱え、左手で手すりにつかまり階段を下りています。
そこでお手伝いをしようと思うと、僕の前にいた方がそれに気付き
手伝っていました。

良い光景だなと思いました。

しかし、自分を振り返ると最近、ご年配に手を差し伸べる機会が
減ったように思えます。

なぜか

その理由は、時間帯なのかもしれません。

僕が駅を利用する時間帯は、とても殺気立っています。
はっきり言えば僕が通るのも気合いが必要ですし、すぐにぶつ
かります。

急ぐ気持ちは分かるのですが、みな自分優先です。

そんなところをご年配の方が通るわけはないだろう

そう推測しました。

通勤ラッシュはどうしても人であふれるのは分かりますが
これが正しい姿なのかと思いました。

これは避けられないことなのか、そのように思います。

一体誰が犯人で、なにを変えれば社会がよくなるのか
考えてみることが第一歩なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です