老舗

野口具秋です。

元日本文学青年としては胸が高鳴ります。
吉川英治のけやきの看板、永井荷風、芥川龍之介などの文豪や
西郷隆盛、ひょっとしたら、勝海舟、谷崎潤一郎や佐藤春夫、
舟橋聖一なども来たのだろうか。
藤井さんが陣取っている席は
芥川龍之介がお気に入りの場所というではありませんか。
  
20年前、毎日のように通り過ぎた店先ですが、
駐車場が不便なため1度も入ることはなかった。
下町に住む者にはお馴染みの店です。
江戸の昔から、この一帯は門前市をなす盛り場だったようです。
界隈は大きく変わりスカイツリーがニョキニョキと伸び、
精工舎の工場がショッピングビルに変貌していました。

自宅に戻り、土産に購入した「くず餅」で
いつの間にか定着した「甘味」タイムを楽しみました。。
付き合いは、私は20年、ワイフは40年です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です