た,たまには学生らしくマジメな記事でも

日曜日担当の高澤です。

先週の月曜日に,新宿区産業振興フォーラム「『活力ある産業が芽吹くまち』をめざして」というイベントがあったので参加してきました。

ここで坂本先生が「今後求められる価値ある企業とは」という基調講演を行いました。

坂本先生はこの講演の中で,この不況下においても快進撃を続ける企業は全体の一割近くあり,下記の4つを理由に業績が悪いことを嘆くのは甘えであると語りました。

1. 業種
2. 規模
3. 場所
4. 競合相手

斜陽産業でも48年増収増益を続けた会社,わずか数十名の社員で構成された世界トップシェア企業,日本中や世界中から注文が殺到する地方都市にある企業,一部上場の大企業を下請けとして取引する小さな会社などを具体例を交えて説明されました。

研究テーマに関連することが多く,とても考えさせられるセミナーでした。
今後もなるべく参加していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です