愛をはぐくむ人本主義の理念経営

今日から1年2カ月前から育児休業していた社員が復職しました。
先月に続いての復職です。

人本主義の理念経営を実践していくと、そこの社員は子宝に恵まれるという新たな法則を発見しています。
職場に愛が生まれると家庭にも好影響が与えられるようです。

当社のような零細企業でも、その法則が働き、人本主義の理念経営に経営革新をしてから1年間の間に立て続けに女性社員にお子さんが生まれました。経営的には少ない人数の中で、いったいどうなるんだろうという不安は無きにしもあらずでしたが、新たに採用した社員は、ばっちり理念採用面接をして、当社の経営理念に完璧に共感して入社してきたので、この1年数か月あまりある活躍と成長を遂げ、ふたりの先輩の休業期間を支えてくれました。

そして、活気が戻ってきました。
ふたりとも1年数か月前、育児休業をするときに、また戻ってきたいといい、本当に戻ってきてくれました。
これは本当に経営者としてうれしいことです。
こういうことの積み重ねで、社徳を積んでいけるのかなと実感しています。

それにしても、やはり仲間は最高です。
素晴らしい仲間とまた仕事が出来ることに感謝です。

(月曜担当:小林秀司)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です