猛暑の影響はこんなところにも・・・

日曜日担当、金森です。
私は法律事務所内で開業しているのですが、
今年の秋は例年になく事務職員が忙殺されている業務があります。

それは、遺言執行業務です。
猛暑の年は、秋以降にお亡くなりになる方が急増します。
猛暑と遺言執行件数は完璧な相関関係にあります。

人間の体は自然の摂理に抗うことはできません。
若い方でもこの秋は体調不良の方が回りにたくさんいます。
気が付かないようで、体は相当疲れていることを自覚して、
せめて栄養のあるものを食べることくらいは気を配りたいものです
(って、本日東北視察組は牛タンにおはぎにと栄養満点といううわさが・・)。

公証人役場で公正証書遺言を作る際には、立会人が必要となります。
10数年以上も前、私が事務職員として立会人をした方が
今回もお亡くなりになりました。
自分の死後、家族が揉めないようにと遺言を作るわけですが、
その多くが裁判沙汰となります。

こういう事件を通じて思うことは、
お金や不動産なんてあの世に持っていけないのに、
人間は我が事になると欲深いなということです。

あの世に持っていくものは、自分の魂に刻まれたみんなから頂いた
楽しくて優しい思い出だけで十分だと考えます。
自分の魂がそれで満ちていたら、それこそ人生丸儲けだと私は思います。
そして、自分も相手にそういうものを差しだせる人でありたいと思う、
晩秋の日曜日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です