「松明は自分の手で」

日曜日担当の金森です。
今週も坂本先生の新刊『経営者の手帳』から書きたいと思います。

72頁に「悪は徒党を組むが、誠実な人は決して徒党をくまない。」
とあります。

私も一匹狼の性格ですので、親友の95%は男性です。
なぜなら、一般的に女性はつるんで、つるまない人の悪口をいう
という方が名古屋地方には多いからです。

地元大学院では、議論の場もなければ話す相手すらいません。
院生自習室では中国人が人の悪口とうわさ話ばかりしています。
私は後期に入って一度も自分の自習室に入ったことがありません。
学校に行っても一言も声を出さずに帰路につく日がほとんどです。

ただ、坂本ゼミとY・Sゼミの女性院生が全く違い素敵な方ばかりで、
私が法政大学院に入れて頂いて一番驚いたことはこのことでした。

「自分一人でも世のなかを変えようと努力し、
やがて意図しなくても誠実な人々のネットワークが形成される」〔73頁〕
本当にそうだな・・と思いました。

坂本ゼミの後でY・Sゼミに入れて頂く日は東京に泊まります。
今朝の富士山は本当にきれいでした。
新幹線から撮ったとは思えないくらいきれいに撮影できました。


東京からの帰路の新幹線の中では、また1週間頑張ろうと思います。
「松明は自分の手」でもって、地元でも私なりに志を自分の心の中で照らしながら、自分の道を少しずつ見出していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です