わが家は名門

今日は、早朝から予約していた医院に駆けつけました。
 わが家の伝統的病気の検査入院です。
代々、わが家の天敵は「癌」です。
両親も祖父母も、長命な家系ではありますが、この「ガン」で世を
 去りました。
内山家の兄弟は兄二人、妹二人と小生の五人が、生をうけました。
 幸い誰も欠けていませんが、末の妹が胃がんを病みましたが、無事
退院でき、なんとか頑張っています。
 それゆえ、毎年、検査入院して、ポリープがあれば直ちに治療してもらいます。
昨年も発見されましたが、今年も見つかりましたので、直ぐ切除して貰いました。
 そんな訳で、我家は「癌」の名門と謂うわけです。
この病気は、わが内山家は戦国武将、内山城の生き残りの血を引く
 運命なのかも知れないと、半ばあきらめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です