究極の鍛錬

土曜日担当長島です。
究極の鍛錬という本を読みました。サブタイトルは、天才はこうしてつくられる。おっ、じゃあ、私も天才になれるのか?だめです。幼少の頃から、一万時間以上、厳しい訓練を積まないといけないとねこと。こんなことできるか!と本に突っ込みを入れつつ読み終えました。
訓練に自律性があると効果が上がること、自分にはできないという壁を作らないこと、以上二点が要点です。
私が会社で外為ディーラーを担当してた時間は、朝7時から夜7時までとして、それが10年間。大体二万八千時間。
半分の時間をディーリングに費やしていたとしたら、うーん、一万時間を超えてる。でも、天才の域に到底いかずじまい。
自律性が無かったのか?
中身が薄かったのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です