家庭の味

火曜日の小澤です
先日 院生のお宅でホームパーティがあり(といっても開催人数4人だけ)
得意のお料理を作りました。高校運営に携わってからは、自分でお料理を
作る暇もなく、腕は大分鈍りました。
手際が悪いのです。やたら時間がかかります。
慣れているときは、4種類ぐらいのお料理を同時進行で作り、ほぼ一種類の
所要時間でかたずけまで終了していました。
それぞれのお料理の手順を組み合わせて考え、何かを火にかけているときは
、待っていないで、ほかの食材を切ったり、洗い物をしたり・・逆に献立を
考えるときは、待ち時間の多い煮物に、待ち時間のあまりないものを組み合わせ
て考えたり、出来上がりも、この寒い季節には、冷めてもよいものからできるよう
な工夫も大切です。いかに食べる人の側に立って考えられるか、・・時間をかけずに
手間をかける。
情の深い料理はおいしいんです!
お口に召しましたでしょうか・・
すぐにクリスマス、そしてお正月、腕の見せどころですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です