院生冥利

先日出版された坂本教授の「経営者の手帳」

早くもあちこちから反響の声が上がっている様です。

坂本教授が毎週少しずつ、その中身を授業やゼミ中で解説してくださいます。

タイトな時間の中での事ですので、教授もご遠慮されて、さらっと解説して下さるのですが、我々からしたら、もっと時間を掛けて下さってもいいのに!と思わずにはいられません。

本の中からは読み切れなかった、言葉の裏に隠されたエピソードを直々に話してくださるので、一言一言に、魂と真実が宿っている事が、ダイレクトに伝わってくるのです。

本日の中小企業経営革新論の講義の中では、坂本教授の若かりし頃の奮闘エピソードを聞かせて下さいました。

過去があって現在があって未来がある。

「未来は過去の積み重ねの上に存在するのだ、過去の努力は必ず己の未来を輝かせてくれる!」

と身をもって教えていただいているのだと、改めて痛感した貴重な時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です