冬至

 水曜担当の鈴木(良)です。

 今日22日は冬至で今年も残すところあと10日となりました。冬至と言えば、二十四節気の一つで、1年中で太陽の高度が最も低く、昼が最も短い日です。これから日一日と日が長くなることを考えると気分が良くなります。

 この日は、カボチャを食べ、ゆず湯につかるようですが、皆さんはやられましたか?
なぜこの日か私にもわかりませんが、こうした伝統は大切にしたいですね。ゆず湯は、しもやけ、あかぎれに効用があるようですが、しもやけ、あかぎれもそのうちにそれ何?の時代になるかもしれません。

 明日は、天皇誕生日、翌日はクリスマスイブとあっという間に正月が来そうですが、賀状書き、大掃除も全く手が付いていない状況です。毎年、もう少し計画的にと思うのですが尻に火がつかないと動かない癖はなかなか治りません。

 今年は、それに加え修論中間発表の準備が入ります。M2の皆さんの苦労に比べれば何ともない作業かも知れませんが、ここへきてもまだテーマで迷っている始末でなんとも情けない状況です。

 まだ日がある。ゆっくり考えようとここまで来ましたがそろそろ決めなくては。とりあえず、今日は少々熱めの風呂にいただいたゆずをたっぷり入れて、明日への英気を養います。またまた先送りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です