クリスマスとケーキ

日曜日担当の高澤です。

長池さんの誕生祝いと言うことでケーキをいただきました。
頭を使っているときには,甘いものが食べたくなるよね。

クリスマスにケーキ,といえばカポーティの「クリスマスの思い出」という小説を思い出します。
最後のページではホントに泣いてしまって進めないような切ない話ですが,とても好きな作品の一つです。

季節外れになる前に,よかったら論文執筆の気晴らしで読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です