今年の10大ニュース

ゼミブログ最後の書き込みは、今年のマイ10大ニュースで締めくくります。

1.書籍「元気な社員がいる会社のつくり方」上梓
 
実に6年ぶりに本を世に出すことができました。反響がありました。この本を読んでくださって理念経営を始めた社長との出会いはとても印象的でした。

2.国のイベントで理念経営をテーマに基調講演
 
四国経済産業局で実現。書籍を読んでくださってお呼びがかかりました。 「理念経営のすすめ」を経営理念に経営革新をしてきましたが、今年の成果を実感出来る出来事でした。

3.社員、育児休業から復職
 
育児休業をしていた社員が1年以上の育児休業を経て元気に復職してくれました。しかも2人です。戻ってきてくれてありがとう。

4.理念研修増える

「理念経営のすすめ」を実現させる主力商品となった理念研修を実践する機会が増えました。100社で実践のお手伝いをすることが当面の目標です。

5.視察先100回超える
 
2008年6月に伊那食品工業を視察して以来、全国の優良企業を視察してきましたが、現在107回90社になりました。現場での感動体験が、血肉になり「理念経営のすすめ」に説得力を与えてくれています。

6.坂本光司先生と新聞に載る

師匠とコラボさせていただいたイベントが新聞で記事になりました。とても光栄でした。
http://www.keieijinji.com/news/20100225_hoken.pdf

7.障がい者雇用の重要性に目覚める

人本主義の理念経営を深掘りしていたら、価値ある障がい者雇用の重要性に気づくというセレンディピティがありました。社会保険労務士としても申し分ないテーマに出会えました。

8.障がい者インターン雇用実現

価値ある障がい者雇用の重要性に気づくという大変有意義が出来事がありましたが、当社でもインターンながら知的障害のある方と共に働く機会をつくることが出来ました。

9.シンポジウムでコーディネート

事務局をした価値ある企業の経営指標策定研究会の成果発表のシンポジウムでパネルディスカッションのコーディネーターを務めました。リッツカールトン元日本支社長高野登さんなどがパネラーでした。

10.エフピコ社に出会う

日本でいちばん価値ある障がい者雇用を実践して成果を上げているエフピコ社に出会いました。重度障がい者の見事な働きぶりは圧倒的な説得力があり、修士論文のテーマを変更させました。

今年も1年ありがとうございました。
なにより元気に活動できたこと、健康に改めて感謝です。
それでは皆さん、よいお年をお迎えください。

(月曜担当:小林秀司)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です