ファンのディータイム

ファンです。最近、パソコン故障なため、暫く、使用できず、皆様には、大変ご迷惑をお掛けたことに対し、お詫びいたします。

ウィキリークス攻防激化 各国が包囲網、民間も呼応
サイト側は移転や増設で対抗

インターネットの時代になり、情報の移動速度は急速に早くなっている。同時に、情報を管理することが困難になっている。ウィキリークスという内部告発のためのサイトが設立され、様々な情報が飛び交い、社会のイデオロギー的な安定が脅かされている。
従来であれば、経験のあるマスコミが、情報自体に社会的意義があるかどうか、国益や安全保障、プライバシー保護などとのバランスを慎重に判断して報道してきた。しかし、個人による無計画な暴露は事態を安定に導くのではなく、混乱へと進める。この点が新聞において問題視されている。
この問題を考えるに当たり、そもそもインターネットはアメリカ合衆国の諜報技術を商業化させただけのものであることを忘れてはならない。一般的な利用においても同様の使用用途は見出されるものであったのである。いままでになかった技術が浸透するとき、何かしらの問題が生じる。この問題はインターネットが商業化されたことで生じる問題の一端であり、他にも問題が続くことが考えられる。皆さんはどう思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です