旅立ちの日に!

月曜担当 小松です。

日曜日、「題名のない音楽会」のテーマは卒業の歌でした。

最近の卒業式での歌われる歌は、昔と様変わりだそうです。トップ10の発表。
10位は長渕剛の乾杯(これって結婚式でもトップ10だよね)
以降、すっかり現代風・・・

そして、トップ3!
1位は「仰げば尊し」、2位は「蛍の光」なんだ、変わってないじゃない。
とちょっとほっとしました。

・・・で3位・・知ってました?「旅立ちの日に」という曲

この曲、うちでは、旦那さんが大好きでよくピアノで弾いているので知っていますが、
中学校の校長先生が作詞、音楽の先生が作曲された曲で、ひとずてに広がり、いまや全国で歌われているのだそうです。

当時学校がとても荒れていて、この子達が仲良く歌を口ずさんでくれたら、すこしでも皆があかるくなるのではと、合唱をとりいれた事により、学校が次第に落ち着いていったそうで、退職をひかえた校長に、音楽の先生が作詞をおねがいしてできあがった曲だとか。

卒魚式で、いわゆる不良といわれた少年がこの歌を涙を流しながら歌っている姿をみて校長先生は、自身も第2の人生への旅立ちの時であり、感動したとお話しされていました。
先月、先生はご逝去されたそうですが、歌と先生の思いは永遠に引き継がれていくことでしょう。

歌はいいものですね。・・・ご存じない方、you tubeでご覧ください。心洗われますよ
(この曲、もちろん若者はみなさん、ご存じのようです、世界のリーダーも歌いましたか?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です