災害復興を祈る!!

昭和53年、大規模地震対策特別措置法が施行されました。
 これは当時の山本敬三郎静岡県知事が、
国会議員に働きかけて出来たのです。
 この措置法成立の原動力に為ったのが、社団法人
静岡県災害救助連盟の活躍でした。
 会長は増井慶太郎、名誉会長 竹山祐太郎静岡県知事、
専務理事 井上光一、隊長 大石純正、理事 内山隆司 他、
 で活動。当時、度々新聞TVに活動状況が報道されました。
これは、何時起きても不思議でない東海地震の為に
 特別予算を政府から導入して、県民の生命、財産を
守るために運動したのです。しかし、静岡県だけの法律とは、
 認められないし、他の県でも地震は起きるので
、法律化出来たのです。続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です