一世帯一部屋運動

大震災直後、妻と会話した内容を、3月15日、Facebook自分の近況コメントとして以下の記事を書いた。

「被災した方々の同意があれば、周辺の県で受け入れてあげることはできないだろうか。当然静岡県でもうけいれてあげたらどうだろう。小さい我が家だけど、もし希望があれば1家族ぐらいなら受け入れてもいいです!」

ちょうど昨日のブログ記事で坂本先生が書かれていた「一世帯一部屋運動」と全く同じ考えです。
寒い避難場所ではなく、狭いけど暖かい部屋で過ごしてもらえればという気持ちでいっぱいです。

少しでもお役に立てれば。火曜日担当のキナミでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です