事業における価値創造について

東京の夜の闇は深い。

街のお店は外の看板の電気を消して営業している。

僕は看板屋だから看板を作るのが仕事だ。

でも、今のこの状況では、新しく看板を作るどころではない。

成熟した社会の中で、「景観」という言葉をキーワードに
僕は看板の新しい価値創造を進めていたがそれは、消滅した。

経済は文化のしもべである、という名言があるが、
今の時点で価値逆転している。

看板も復興の兆しが見えた時、
経済復興の希望の灯になることを
僕は信じている。

僕の基軸はぶれないが、
社員、会社を守るということに関しては、
僕の会社では、今までのやり方だけでは
通用しなくなってしまった。

そのことを受け止め、受け入れ、
経営に全力を尽くしていく。

自分自身が本当の危機に直面したとき、
僕は僕であり続けられるか。

少し、頭でっかちになって
偉くなったふりをしていた僕は、
もっと謙虚にならなくてはいけないと思っている。

高橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です