それでも、春はきました

野口具秋です。

不具合が出て修理に出していたパソコンが10日振りに帰ってきた。
生まれて初めての大きな地震の後だったので、
原因はこれに違いないと思っている。
ワイフはまた壊したとせせら笑う。
教室の先生は相性が悪いと慰めてくれる。
ともかくパソコンがないととても困る日々が続くことになります。

打ち合わせがあり、大学に出かける。
突然強烈なアレルギー症状が発症。マスクを大慌てでする。
真水で鼻を洗う。それでもくしゃみと鼻汁が止まらない。
マスクの下では鼻汁が流れ落ちるので情けなくなる。
症状は出なくても抗アレルギー剤を飲んでいたのに。今年は違うぞ。

風邪も引いてしまった。この季節は例年風邪を引く。
インフルエンザの予防注射とは関係がないようです。
東日本大震災で我が家も大きな犠牲を払った。
せめての慰めで暖房を止め、一汁一菜の食事でささやかに慰めます。
9時台には布団に潜り込み、
悲惨なテレビの放映画面に涙する日々を送ります。

桜はまだかと考えていたら、突然今日開花宣言があった。
昨年より6日遅い。桜見もないかも知れない。
町内黒目川の桜祭りは中止だ。
スーパーに出かける。
殺気だって、パン・牛乳、納豆・カップ麺などが空っぽ。
レジのお母さんが皮肉たっぷりに
「あんなにたくさんのラーメン、どうしているのですかね」。

母校の桜記念樹が3~4分咲きと悪友どもが酒の席で知らせてくれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です