修了生成果報告発表会

水曜担当の鈴木(良)です。

10日の静岡は、朝から生温かい風が強く吹いて、これは気温が上昇するなと覚悟したところ、なんと34度を超え、全国で最高気温となりました。5月の気温としても観測史上最高の気温だそうです。あまり歓迎できない記録更新ですが、日本の四季はどこへ行ってしまったのでしょうか。

折りしも浜岡原発の停止が決まり、電力不足の問題が深刻化するタイミングで一足もふた足も早い猛暑の到来に、自然のいたずらと笑ってすまされない状況となっています。

さて、8日の日曜日、静岡県教育会館において法政大学大学院静岡サテライトキャンパスの2010年度修了生による成果報告発表会が開催されました。政策創造研究科、イノベーション・マネジメント研究科より各3名合計6名の皆さんが20名の卒業生を代表して発表されました。

我が坂本ゼミからも、内山さん、小澤さんが登場し、持ち時間15分という短い発表時間でしたが、それぞれの研究テーマを要領よく説明されました。

静岡サテライトキャンパスが発足して、初めての卒業生の発表ということで会場につめかけた皆さんも熱心に聞き入っており、静岡サテライトの存在感が高まったものと思います。

先生方をはじめ、関係者の皆さんお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です