大型連休

野口具秋です。

東北新幹線が再び全線つながった日、
ワイフは震災に遭った宮古の兄弟の処へ出かけた。
慌ただしく翌日に山形に勤務する息子と車で夜遅く帰宅した。
土産に持ち切れないくらいの山菜を手にしていた。
盛岡と宮古をつなぐ川井村の道の駅で買い求めたものです。
やっと待望久しく対面です。

おそらく100台を超す自衛隊のトラックと行き会ったそうです。
彼らは道の駅でトイレを済ませば売店に寄ることもなく
ジュース1本すら購入しません。
街の復興作業後、被災者と共にすることなく、
テントで着のみ着のまま、毛布にくるまって寝ます。
缶詰が食事。感謝で頭が下がったそうです。

大様・タラの芽、肉厚3cm、直径10cmの取れたて生シイタケ、
こごみ、わらび、花わさび、山ウド、のびる、ふき、
そして行者ニンニクです。
シイタケのてんぷらは感動です。
これでもか、太いふきは繊維が柔らかく絶品。
花わさびは香りがグー。一品ごとに声が出ます。
これ以上の説明はくどいでしょう。

数カ月ぶりに会いに行った琴クンは顔付きが子供に変貌。
足取りはオランウータン、座頭市から子供に変わりました。
手をつないで歩くと幸せを実感します。
娘に駅前の有名ブランド店「U」で好きなものを勧めます。
震災で慌ただしく過ぎましたが、
我が家にも穏やかな平穏を感じる日々がやってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です