新宿→箱根

野口具秋です。

今回も待ち合わせはJR新宿西口・交番前です。
約束の時間まで、まだかなりあります。
節電で薄暗いコンコースの向こうは、
吹き抜けのロータリーからの明るさで道行く人がシルエットになります。
突然、嬌声が響き3歳くらいの子供がおじいちゃんに飛びつきます。
おじいちゃんは頬ずりをして嬉しさ一杯です。

西口駅前は50年程前、都バスの発着場がある平坦な広場でした。
雨が降るとドロドロの地面がとても迷惑でした。
京王線新宿駅は路面で古い枕木が線路と道路を区別し、
電車は終点新宿駅にのろのろ動いていました。
十二社の温泉が見え、淀橋上水場跡は開発を待っていました。
遠い記憶がよぎります。

12時集合なのに早々と全員やってきました。
律儀なのか暇なのか、それとも嬉しいのか聞き逃しました。
大急ぎでバスの切符を購入し待っていてくれたバスに飛び乗ります。
箱根千石原に向かう。会社の同期たちです。
2時間の乗車時間です。
長距離バスはアメリカ大陸を横断するグレハウンドの映画のシーンです。

箱根は温泉です。早い集合はそのためでした。
長期戦に備え、酒のつまみの乾きものをどんどん買い込みます。
「だれが食べるんだ」と文句もひとしきり。
ビール大瓶15本、焼酎・ワイン1本ずつ、日本酒3本が成果です。
2時から飲み始め、だれも温泉に入りません。
気づいたら、つまみは完食。いったい誰が食べたのか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です