前期終了

4月に坂本研究室へ研究生として参加させていただいてから、早くも4ヶ月近くが経ちました。
7/23のゼミをもって、前期のゼミが終了しました。

平日は会社に勤務している関係で、残念ながらあまり視察に参加できませんでした。
それでも、伊那食品に伺って塚越会長から直接講演を聞くことができ、
川越胃腸病院の望月院長に取材をさせていただき、
ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス氏との対面することができるなど、
数は少ないけれども、質は最高の方々にお会いすることができました。

上にあげた3名に共通していたことは、優れた人徳を持っていることでした。
素晴らしい業績を残しているにも関わらず、尊大な態度をとることなく、謙虚で気さくに接していただきました。
そして、従業員や社会に対する気遣いや愛情に溢れている方達でした。

このような経営者の方々に少しでも近づければという想いを、一層強くした4ヶ月でした。

木村(研究生)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です