四国で地域活性化活動してきました。7.22-23

22日に高松に入り、四国経済産業局に出向きました。地域活性化活動に熱心な局の皆さん、さらに外郭団体の幹部の方と意見交換をいたしました。予定していた午前中の2時間はあっという間に過ぎてしまいました。行政との打ち合わせでこれほど時間を感じなかったのははじめてのことです。それほど生産的でポジティブな内容になりました。

地域を永続的に活性させていくために地元の企業で人本主義の理念経営に成功する事例を輩出していくことが重要ということで意見の一致がみられました。

その後、高松から松山へ2時間かけて高速バスで四国を横断し、夕方から愛媛銀行主催の講演会『第2回ソーシャルビジネスセミナー~地域に根ざした経営と新たな社会的価値創造~』で基調講演をいたしました。

パネルディスカッションは愛媛大学が社会起業家育成のためにつくったNPO法人の理事長、地元で障がい者雇用の第一人者といわれる企業の社長と私の三人で務めました。

四国は産官学の連携が見事だと改めて感じました。
坂本教授の提唱する景気超越型2割企業の仲間入りを果たす企業が1社でも多く輩出できるよう働きかけを行っていきたいと皆さんとお話しして心から思えました。

私自身の責務として、四国の企業で理念経営の指導を実現させたいという思いに駆られています。
本ブログをお読みの方で人本主義の理念経営にチャレンジしたいという四国の経営者がおられましたらご一報ください。自薦他薦を問いません。

kobhid@gmail.com

小林秀司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です