伝えると伝わる

こんにちは、三橋康司です。
中国視察の皆様、どうぞお気をつけて向かってください。
最近はさらに視力が衰えています、このペースでいくと
日常生活も限定的になるだろうと考え、身体と仕事、どち
らをとるべきか悩む日々です。

伝えると伝わる、これには大きな違いがあると思いました。

先日、越谷レイクタウンに行きました。
商業施設で関東最大の大きさとも言われる場所です。
そこに出店しているのですが、そこへ届けものに行った
のです。

僕の職場から2時間かかる場所へ20kgの荷物を持って
向かいました。
急を要するとのことなので、電車を乗り継いで向かいま
した。

ことの発端は店舗の注文数と納品数が異なったという
のです。

店舗から注文をFAXで受けているのですが、数字が
とても読みにくかったのです。

店舗側は伝えたのですが、私の部署では伝わらなか
ったために起こりました。

同じようなことは様々な場面であります。

一文字違いですが、大きな違い

誰にでもわかる(伝わる)
これが最近僕が取り組んでいることの一つです。
多くの人が働く場だからこそ、誰にでもわかるように
準備していくことが大切だと思っています。

この能力を高められれば、障がい者の雇用促進へ
つなげられると思い、日夜努力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です