中国視察報告(井上版)

みなさん、こんにちは。

修士1年の井上です。
坂本ゼミで、中国へ視察に行ってきました。
私個人としては初の中国でしたので、期待と不安でワクワク・ドキドキでした。

感想は、何と言いましょうか・・・。

パワフル&タフ。

ものすごいパワー、タフネスを感じました。貧困の差、地方と都市の差、矛盾や歪みを腹に飲み込む持つ巨大で強大、パワフルな国。そのアンバランスさは国としての継続に危険を感じますが、それでも、今の日本には到底かなわない相手と感じました。

感動を覚えたのは中国の青年たちです。義鳥駅の待合でのこと。巨大マーケットを5時間近く歩き続け(1万3000歩だそうです)て疲れ切った我々の諸先輩方に、ささっと席を譲って立っていくのです。あとで聞けば、中国ではご老人を大切にするよう教えられているとのこと。日本はここでも完敗です。

他にもたくさん、新しい気づき、知らなかったこと、刺激などを山盛り貰って帰りました。視野が広がりました。そこに行き、五感で感じることの大切さも改めて実感しました。

ゼミの仲間と思い切り話ができたのも良かった。めちゃ笑いました。

楽しかった!

p.s.
フェイスブックにアルバムを作成してあります。フェイスブック利用者でなくとも閲覧できるそうですので、よろしければご覧ください。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.229558093757851.54853.100001109877227&l=8ed2d96822&type=1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。