いい会社同士のコラボレーション

いい会社同士のコラボレーション

こんにちは、研究生の中村大作です。

今日は、8時AMから、オーガニックコットンの第一人者、アバンティの渡邊社長とエコ名刺で社会を変える日新堂印刷の阿部社長、お二人をお引き合わせしました。(阿部社長は東京出張で上京していました。)

日新堂印刷さんは、坂本教授の「ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社」(ダイアモンド社)にも取り上げられている日本中から顧客が追いかけてくる会社で、エコ名刺を扱っていて、バナナの茎やペットボトル廃材で名刺を作っています。バナナの茎においては、これまでバナナの身しか売り物にならなかったは途上国の現状を、新しい雇用の創出として、茎に着目をして産業を生み出そうとしています。現在は、各方面で注目をされ、20種類近くの廃材でエコ名刺を展開しています。

そこで、オーガニックコットンは、リサイクルとして紙にしやすいとのことで、オーガニックコットンと言えば第一人者であるアバンティの渡邊社長をご紹介させて頂いたということで、廃材利用や古着回収し、さらなる善の循環が生まれるのではないかと、お二人をお引き合わせしました。

渡邊社長は、オーガニックコットンの普及啓発、Made in Japanのクオリティの高さを国内外に広めるために積極的に活動し、また、発展途上国における繊維製品の生産現場での劣悪な労働環境を訴える講演を続けています。昨年は、NHKプロフェッショナルにも社会起業家として特集されました。

今日は、お二人の貴重なお時間を頂きまして、ありがとうございました。ここから良いご縁や企画に発展できれば嬉しいです。皆様に、良いご報告ができることを期待しつつ、引き続き頑張ります。

■アバンティ
http://www.avantijapan.co.jp/

■日新堂印刷
http://www.nissindou.co.jp/

中村大作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です