私の中国

野口具秋です。

羽田空港国際線ロビーはこじんまりしていて、
この規模でハブ競争に勝てるのかと心配です。
数年ぶりに宿泊した上海は喧騒と渋滞に満ち溢れています。
世界一高層ビルが林立していて市内の何処までも繋がっています。
マンションの1平米当たりの価格を知ると
今や世界一活気のあることを実感じるのです。

郊外に伸びる幹線道路は、片側3車線は当たり前で
自転車・バイクとも区別されています。
グリーンベルト地帯は沢山の木が植樹され、
将来は見事な並木道が予想される。
インフラ整備がスピーディーで決して環境を無視してないのが分かる。
私権最優先の日本は劣等国になり下がっていくのでしょうか。

高速鉄道に上海から義烏まで乗車する。
豪華な1等車に腰かけ嬉しくなります。
以前に比べ振動もなく静かで綺麗でした。
車両はN700系そのものです。
線路は事故路線ではないかと心配でしたが義烏の先とのことでした。
最高速も250キロまで。無言で乗務員が何度も通り過ぎます。
車両ドアーをロックして権利を守ってくれます。

真君や望ちゃんが老体組を労わってくれます。
露骨な店員の顔が揃う遅い夕食ではありがとう。
冷えた麦酒にありつけました。
観光スポット豫園は若者組の多く別行動でしたが快くガイドです。
真君の中国語は通訳より上手く感動です。
ダイナミックに中国は変貌します。
バンド(租界)の佇まいが強烈な対比を生みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。