してやる、を改めよう

こんにちは、三橋康司です。
アメリカNYをハリケーンが襲いました。
数百万世帯が停電したとのことで、半年前の地震後を
思い出しました。
人は自然の前に無力です。
防ごうと思っても限界があります。
逆に、活かそうと思うと何があるのか、とふと考えます。

先日、親せきの葬式に行きました。
そこで印象に残ったのが、『してやるを改めよう』です。

人は心の中のどこかで
葬式に行ってやる
焼香してやる
墓参りに行ってやる
としてやると思いがちだそうです。

そんな中故人の話になりました。
住職さんのお寺の講話に毎月通っていたそうです。
故人は早くにご主人を亡くし、その講話を心の拠り所
として、毎月休ますに通ったとのことです。
一人で歩くこともままならないのは僕もよく知ってい
ます。そんな中遠いお寺まで行くのは本人にとって
何よりも大切だったからでしょう。

大切だと気付くとこの『してやる』も改められるのかな
と思います。

一つ一つの動作、言葉に心が宿ってくると思います。

故人はその『気付き』を僕に与えてくれました。
生きると色々あるものだな~としみじみ感じた週末です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です