九州視察旅行無事終了

 7日のブログが消えてしまったので、再度アップします。

水曜担当の鈴木(良)です。

 本日夕方、坂本ゼミ夏季合宿及び企業視察を終え、無事静岡へ戻ってきました。

 4日~7日までの3泊4日の日程で、合計12社を訪問するという強行日程でしたが、終わってみれば、充実感にあふれた思い出深い視察旅行となりました。

 個々の企業訪問の感想は、追々ゼミの仲間から報告があると思いますので、全体行程について紹介します。出発は、台風12号の影響が心配されましたが、羽田組、静岡組、セントレア組それぞれ無事に福岡空港に到着、合宿がスタートしました。初日、2日は北九州、博多の6社を訪問、予想外の大歓迎を受けゼミ生一同感激しました。1日目の夜は、博多の有名店で地元名物料理を堪能、2日目の夜は、九州経済産業局のはからいで、地元九州大学社会人大学院の学生たちと親交を深めました。

 3日目は、早朝より全線開通した新幹線で一路鹿児島へ向かい、知覧の製茶工場、特攻平和会館を見学後、鹿児島に戻り、障害者雇用に熱心に取組むR社を訪問、心洗われる時間を過ごしました。2泊3日組はここで、視察が終了、鹿児島空港より帰宅の途につきました。宿泊組は、その後地元商店街を視察しました。

 最終日は、熊本組と宮崎組に分かれ、熊本組は、農業を中心に3社、宮崎組は外食産業1社を訪問、視察後、鹿児島、宮崎、福岡の空港より帰宅の途につきました。

 今回の旅行は、ゼミ合宿委員の皆さんのまさに手作りの旅行で、Tさんはじめ委員の方々には大変お世話になりました。また、今回も素晴らしい企業を紹介して下さった坂本先生に改めて御礼申し上げます。視察で得られた貴重な経験、新たな出会いを今後の活動に生かすことが何よりも大事だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です